活動内容

各種プログラム

がんに関する様々な相談や情報提供など、医学的な処置は行いませんが、専門スタッフがお薬相談、緩和ケア、治療の選択や心の辛さ・不安、経済的な問題まであらゆる相談にのります。お電話でのご相談も受けつけております。
電話相談(077-546-6550)をはじめ、面接での相談や様々なプログラムを提供しております。皆様からの寄附金というご厚意で運用しておりますので、アロマセラピーとゼンタングルワークショップは500円いただきますが、それ以外の相談やプログラムへの参加はすべて無料です。

月間プログラム

プログラム 開催日時 料金 概要 担当
アロマセラピー 第3水曜日(14時~16時) 500円 アロマセラピーとは、アロマオイルを用いて、その香りを楽しんだり、リラックスすることです。がん患者の心理状態、特に不安感やうつ症状などの精神的症状の改善効果、また、がんに伴う痛みなどの身体的症状の改善効果、抗がん剤や放射線療法の副作用を軽減する効果が期待されています。
※事前にお電話でご予約ください。
アロマケア
セラピスト
 ミニセミナーとがん専門相談 第1火曜(14時~16時) 無料 がん疾患を有する相談者やそのご家族に対して、知識の提供や相談をお受けすることにより、不安の軽減やQOL(生活の質・生命の質・個人が生きるうえで感じる日常生活の充実度や満足度)の向上をめざすことを目的としています。 がん性疼痛看護認定看護師
遺族相談
(グリーフケア)
第4木曜
(14時~16時)
無料 『がん』により大切な方を亡くされた方々が、複雑な気持ちや深い悲しみ・苦しみ・寂しさや孤独感だけではなく、自責・怒り・無力感など日々の生活の中では話せない想いを語り合い、わかちあう場です。
ひとときの間、重い荷物を下ろし、喪失の体験を自分の人生にうけいれ、悲嘆(グリーフ)の日々から、明日への一歩を踏み出す力を得ていくためのサポートを行う場です。
アドバイザー(保健師)
家族相談 第1土曜
(14時~16時)
無料

大切な人が『がん』を患っておられ、その患者さんを支える方々のためのサロンです。より良く患者さんを支えるためには、御家族としての悩みや迷いを分かち合い、御自身の気持ちにゆとりをもつことがとても大切になります。御家族はもちろんのこと、友人・知人の方も是非御参加ください。
家族の集いを開催しています。

アドバイザー(保健師)
 ゼンタングルワークショップ

第1水曜
(14時~16時)

500円(材料費)

ゼンタングルは、タングルと呼ばれるパターンを、繰り返し描く事で美しい作品を作ることができるアメリカ生まれのアートメソッドです。
無心に繰り返し描く事で集中でき、リラックス効果が得られます。

ゼンタングル講師
 タオル帽子づくり 第3火曜
(14時~16時)
無料

タオル帽子は、抗がん剤の副作用で脱毛する時期の患者さんに、少しでも快適に過ごしていただくことを願って作成します。手ぶらで来ていただいて、一緒に作成しましょう!

タオル帽子の会
ストマ相談 現在休止 無料 ストマ(人工肛門・人工膀胱)をお持ち方やその御家族のかたへ、日常生活で困っていることや装具のこと等、お話を聞き、御相談を承ります。お話しの中で、直接的にストマケアが必要な場合や御希望があれば、ストマ外来のある医療機関を御紹介させていただきます。
※お電話にてご予約頂けると助かります。
皮膚・排泄ケア認定看護師
 緩和ケア・
お薬相談
現在休止(電話相談のみ) 無料 緩和ケアについて知りたい、今飲んでいる薬のこと、これから使う治療薬のことで不安がある・・・といった相談に緩和ケアに携わる緩和ケア・お薬相談薬剤師がご対応いたします。 緩和ケア薬剤師
 リンパ浮腫相談 現在休止 無料 リンパ浮腫と上手につきあっていくためには、まずリンパ浮腫についてきちんと知ることが大切です。そして、日々の暮らしの中で適切にリンパ浮腫ケアを続けていくことが大切になります。リンパ浮腫相談では、リンパ浮腫に関する知識をお伝えたり、日常生活で困っておられることなどについてのご相談を承っております。具体的なリンパ浮腫のセルフケア方法の習得をご希望される方は、適切な医療機関(例.リンパ浮腫外来など)を御紹介させていただきます。
※事前にお電話でご予約ください。
リンパ浮腫
セラピスト
 アピアランス相談 現在休止 無料 美容ケア相談です。頭髪のこと・美容のこと(脱毛・頭皮ケア・爪など)ウィッグ相談同時開催! 皮膚・頭皮セラピスト

※上記以外にも、栄養相談、終了相談、市民講座やがん教室などのイベントや「絵手紙を描こう会」「絵本カフェ」「ヒンメンづくり」などの特別企画を不定期で開催しています。

相談・サポーターのご紹介

サロンのご案内

がん患者さんやご家族どうしが、御自身の体験やお気持ちを語りあい、心のうちを分かち合う場です。サロンでの出会いや交流を通じて、お気持ちのつらさや不安が少しでも和らぎ、がんとの自分らしい向き合い方や人生の歩み方を見つけていただける場になればと思っております。お話したくないことについては、無理にお話になる必要はありません。サロンの出入りは自由にしていただいております。

AYA世代の集い 隔月(奇数月)第3木曜日
(17時~19時)
思春期・若年成人(15歳~30歳前後)のがん患者さんの集い。自由に悩みを語り合います。
Lake Family(小児血液悪性腫瘍の親子サロン) 第1土曜日(14時~16時) 小児期にがんになった子どもを持つ御両親は、治療中はもちろん、その後にも成長・発達や就学のこと、きょうだい児へのサポートや子どもへの病気の伝え方など、様々な悩みを持たれます。同じ経験をした子どもやきょうだいが一緒に遊んでいる間、御家族同士でこれまでの経験や思い、悩み、これからのことなどを語り合える場を提供します。
スイートピー(婦人科がんサロン) 第3水曜日
(11時30分~13時30分)
婦人科がん(子宮頚・体がん、卵巣がん)患者会「スイトピー」主催のサロンです。婦人科ならではの悩みを共有しましょう。サロン終了後、リンパ浮腫相談・アロマセラピーを受けて頂けます。

滋賀 肺がん患者会
肺ゆう会~しが~

年3会不定期 肺がんの患者さん、ご家族の皆さん、お友達、少し支援を考えている方、よりよい療養のための情報交換をします。

 あけぼのハウス

不定期 あけぼの滋賀・乳がん患者会です。体験談を語り合い、心を軽くしませんか。再発治療の方も是非。

 はなみずきの会

不定期 滋賀医大病院の乳がん患者の会。乳がんの手術を受けられた患者同士語り合いましょう。

 ひまわりの会

不定期 長期療養小児疾患の親の会です。療養・生活面での情報交換、交流を図りましょう。

※開催日時は、変更になる場合がございます。カレンダーにてご確認ください。

相談・サポーターのご紹介

サポート(支援)について

サポート(支援)には、サロンで得られるサポート(=ピアサポート)と、かいつぶりセンターに来られて個別相談で得られるサポート=医療者からの専門的サポートがあります。

ピアサポートとピアサポーターについて

ピアとは『仲間』という意味です。
ピアサポートとは、同じ悩みや問題を抱える当事者同士が、お互いの経験を基に語り合うことで、お互いに悩みや問題を解決していく相互支援のとりくみです。医療者からの専門的なサポートだけでなく、ピア同士が体験や感情を共有することによるサポートも大きな助けの1つとなります。

ピアサポーターは、「同じ体験をした人」です。つまり、がんと診断されたことのある方、もしくはそのご家族となります。利用者が適切なピアサポートを受けられるように、研修を受けたピアサポーターがサロン運営に協力してくれることもあります。